テストブログです

審査の甘いクレジットカードって!?

クレジットカードは、個人の信用をもとにして支払いを先送りすることができる、とっても便利なプラスチックカードです。

カードの種類には、AMEX、Diners、JCB、MasterCard、VISAの5大国際ブランドがあって、カードランクは、一般カードからゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードがあります。

クレジットカードを利用する際は、業種によって異なりますが、カード会社は代金の数%をカードの使用料として、店舗から支払ってもらってます。

今では、学生カードもあるくらいですからね。クレジットカードを利用する人は、ほんと多くなっています。でも、中には、いろんな問題等があってクレジットカードを持ちたいけれど、どうも今の状況では持つことができないようだ・・・

という人もいるでしょう。しかし、そういう人でも可能性がゼロでというわけではありません。何故かというと、審査の甘いクレジットカードが存在するみたいだからです。

クレジットカードの審査をするのは、当然、クレジット会社ですよね。そのため、カード会社によって審査基準が違ってくるわけなんです。ある程度似ていても、審査基準は一律ではないんです。

そう、クレジット会社個々の基準で行っているのです。その為、基準が甘い会社も存在してくるわけなんです。ただ、審査の甘いクレジットカードというのはそれなりにデメリットもあります。

ですので、慎重に選ぶ必要があります。ただ、その前に、自分自身、本当にそうまでして、クレジットカードを持たなければならないのかを考えてみるのもいいでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

審査の甘いクレジットカードを検証

クレジットカードの審査基準は会社によっていろいろなので、同じ「スタンダード」のクレジットカードでも審査に通ったり落ちたりということがあるのは以前にお話ししましたよね。

なぜ、審査基準が違ってくるかというと、カードを発行している機関が、いろいろあるためです。発行している機関は、大きくわけて、銀行系、信販系、流通系、消費者金融系とあります。

銀行系、信販系、流通系、消費者金融系の審査の違いをみると、銀行系が一番厳しい審査をするといわれ、逆に、審査に幅があるといわれているのが、流通系や消費者金融系です。

クレジットカードを作りたいけど、年収が少ないからだとか、若いから審査に通るかどうか不安という人に、銀行系・信販系クレジットカードに比べ審査に通りやすいといわれている流通系・消費者金融系のクレジットカードを幾つか紹介しようと思います。

まず、流通系クレジットカードの代表ともいえる、ライフカードは審査に通りやすいといわれています。ポイントサービスが断然お得なのが最大の特徴で、入会金・年会費が無料で所有しやすいこともあってか、若者に人気のクレジットカードです。

そして、消費者金融系のクレジットカードでは、アコムマスターカードがオススメです!フリーターの方などでも、発行できるように、敷居はかなり低めに設定されているようです。

スピード審査が特徴で、カードもスピーディに発行されます。すぐにクレジットカードが欲しいという方にはいいかもしれませんね。何と言っても、ブランドは「マスターカード」ですからね。国内だけでなく世界中で利用することができますよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クレジットカードの現金化って?

クレジットカードは本来、商品やサービスの支払いを後払いで支払うためのカードですよね。

しかし、本来の使い方ではなく、クレジットカードの「ショッピング枠」を現金を入手するために使う、いわゆる「現金化」と呼ばれる使い方をする人があとをたちません。

当然ながら、クレジットカード会社は現金化を認めていませんし、現金化をしている業者には悪徳業者が多いので、決してこのようなクレジットカードの使い方はオススメできませんね。

そもそも、クレジットカードの現金化とはどういった使い方かというと、まず、消費者が業者から何らかの商品をクレジットカードを通して購入します。例えば10万円のものを購入した場合、その場で9万円が消費者にものではなく「現金」で渡されるわけです。

中には、インターネット通販でクレジットカードを使って物を購入し、もちろん購入した商品は届きませんが、その後に現金が振り込まれるというシステムやクレジットカードで買ったものをその場で買い取り、そこでお金を渡すというシステムもあるようです。

そのかわり、現金化業者はカード会社から10万円を受け取ることができ、そこで利ザヤが生じ、一方、消費者には後日、カード会社から10万円のクレジット払いの請求がくるわけです。

これって、ふつうに借金をしているのとほとんど変わりありませんからね。悪徳業者の場合、入金が行われないといったトラブルがあるといいますし、たとえそのようなことになったとしても、カード会社は一切保障を行いませんからね。

クレジットカードはあくまでショッピングのために利用するものです。現金が必要であればキャッシング機能付きのクレジットカードを使うようにしたほうがいいでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アコムマスターカードの魅力に迫る!

クレジットカードというと、会社員や公務員など、職業形態がしっかりしていて安定した収入がある人が持つものというイメージがあるかもしれません。

しかし、現在は主婦や学生でもクレジットカードを持つ時代。種類やランクは限られてきますが、職業形態などに関係なくクレジットカードを発行できるようになりました。

中でも、大手消費者金融のアコムが発行しているアコムマスターカード(ACマスターカード)は、男女問わず幅広い世代に指示されています。

アコムマスターカードなら、パート勤めの主婦やアルバイトをしている学生でも、国際ブランドつきのクレジットカードをもつことが可能になっています。

マスターカードだから、もちろん海外旅行にも使えるし、加盟店が多いことから、国内・海外問わず非常に多くのお店で使えるのが魅力です。

公共料金の支払いやネットショッピングもコレ一枚で簡単にできますし、返済にしても全国のコンビニやアコムATMなどでできるのでかなり便利です。

その上、インターネットバンキングもOK、キャッシングとショッピングを上手に使い分けていくことができるし、様々なシーンで活躍してくれるでしょう。

通常のアコムカードのキャッシング枠は、モビットと並んで最大500万円ですが、アコムマスターカードもアコムカードと同様に限度額は500万となっています。

なお、アコムマスターカードへの申し込みをするなら、まずはWEBの3秒診断をやってみるといいでしょう。簡単入力で、24時間いつでも審査結果を知ることができます。

もちろん、簡易審査になりますので3秒審査に通ったからといって、必ず審査に通るということではありませんが、かなり参考になると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クレジットカードの審査基準

クレジットカード発行するには、申込書を記入して、必ず審査を受ける必要があります。この審査にパスしたら、カードをもつことができるわけです。

そこで、気になるのが、クレジットカード会社はその審査で何を見ようとしているのか?、何を評価しているのか?、というところです。

一般的にクレジットカード会社は、収入、返済能力、住居形態の3つを重視するといわれていますが、クレジットカード審査ではそれらの確認を、カード会社の審査基準に沿って行います。

クレジットカードの審査基準は、「属性」と呼ばれる各種項目のスコアリングと信用情報のことをさし、項目一つ一つに点数を付けて判断するわけです。

属性とは、職業や年収、年齢といったもののことで、当然重視されるのが職業・年収になります。さらに、家族や住居形態といったことまで考慮されます。

連絡がとりやすく、明確な住まいがあってきちんと生活している、という人ほど属性は良いとみなされます。そして、もう1つ、重視されるのが信用情報です。

これは、信用情報機関というところに問い合わせをして行われ、過去の借金滞納などがある場合には、俗にいうブラックリストに載ってしまいます。

この信用情報に載ってしまうと、5年くらいは事故情報が残ってしまいますので、まずクレジットカード審査に通ることは難しいと思います。

なお、審査基準というのは、カード会社によって異なっていて、銀行系や信販系のクレジットカードは基準がやや厳しめというのが相場になっています。

そのため、始めは流通系や消費者金融系のカードなどで信用状況をよくしていき、それから上位のカードを作るという流れの人も多いようです。

また、若い人は、ヤング向けのクレジットカードや学生カードなどで「クレヒス」を作っておくと早い段階で、上位カードを持ちやすくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする